YouTubeもGoogleも広告ブロッカーなしに不快な広告を非表示に

スマホ,パソコン

無料で不快な広告を非表示にする方法をご紹介します。

YouTubeもWebサイトもGoogleの仕組みを利用して広告を表示しています。

Google検索されているキーワードを調べてみると、
「不快」「気持ち悪い」「うざい」とすごい悪評。

Googleもユーザーにあった広告を表示さる為にいろいろ努力をしていますが、
まだまだ興味のない、不快に感じてしまう広告が表示されてしまうのが現状、

そこで、Googleに直接、興味ある広告、興味のない広告を教えて上げるこで、
それを元にGoogleが表示する広告を操作してくれるようになります。

広告ブロッカーの使えない、
YouTubeアプリやゲーム機やキャストデバイスのYouTubeアプリでも使用できる方法になります。

Google公式に準備されている方法なので安心です。

Google広告

設定ページ

Googleに興味のない広告を教えてあげましょう。

広告設定から広告のカスタマイズが出来ます。

この下のページがカスタマイズのページです。

https://adssettings.google.com/authenticated

設定方法

①上記ページにアクセス

②広告を制限(操作)するGoogleアカウントでログイン

③広告のカスタマイズのチェックをオンにしましょう。

④興味のある科目ない科目を選別

ページの下の方に行くと、

広告のジャンル一覧が表示されています。

脱毛系の広告が気持ち悪いから見たくないって場合は、

脱毛のジャンルはおそらく美容なので、

美容、フィットネスの科目をオフにしましょう。

⑤科目を押してオフに

対象の科目を押すとオフにすると表示されるれます。

これでオフにしたジャンルの広告は表示されなくなるはずです。

戻し方

制限したジャンルを元に戻す場合は、

ページの1番したにオフにしている要素とあるので、

ここから同じ流れでオンするで戻せます。