LogicPro 空間系エフェクト(リバーブ)の使い方

Mac

Logic Proで空間エフェクトはどこで付けることが出来るのかご紹介します。

空間エフェクトは空間の反響を再現するリバーブです。

空間を意識することでクオリティを上げたりMIXの違和感をなくすテクニックもあります。

便利でないと困る機能の1つです!

リバーブ

画像のようなミキサーが表示されていない場合は左上のミキサーアイコンをクリックすると表示されるので、

ミキサー画面で空間エフェクトを付けたいトラックの【AudioFX】に表示されるメニューから【Reverb】の科目に進みましょう。

(複数のトラックに一度にエフェクトを付けたい場合はShiftキーを押すことで複数選択することが可能です。)

標準エフェクトは、
【ChromaVerd】【EnVerd】【SilverVerd】【Space Designer】から選択可能。

【ChromaVerd】では(Room)(ConcertHall)(VocalHall)のように、
わかりやすくプリセットされています。
(ConcertHallではコンサートホールのような響きに)

【SpaceDesigner】ではいい感じに調整してくれます。
上記画像のように、EQ画面でローカット、ハイカットをしたりDryやWetの調整も可能。

リバーブのテクニックについては詳しくないのでここまでの解説です。
YouTubeなどで空間系エフェクトのように検索すると講座動画など見つかりました。

Mac