1TBの無料クラウドストレージTeraBox | 安全性、特徴

まとめスマホアプリ

GooglePhotosの無制限アップロード終了してしまったので、
動画をアップロードできる大容量のストレージサービスを探していると、
「TeraBox」と初めて聞くサービスを見つけたのでご紹介。

特徴

2021年3月に登場したばかりの新サービス「TeraBox」
サービス開始されたばかりで評判や情報が少ないので、
筆者目線で「いいところ」と「イマイチなところ」をまとめてみました。

いいところ

大容量無料で1TB(1000GB)のストレージが最大の特徴
いろいろ類似サービスがありますが無料で使えるストレージは多くて15GB程度です。
自動アップロードスマホの 写真 / 動画を自動でアップロードする機能。
無料版では写真のみ。
日本語に対応違和感のある表記もありましたが、
すべて日本語表記でした。
「日本語表記アンケート」を募集していたので修正されそう。

イマイチなところ

信憑性・サービス終了 / 有料化しそうな不安。
・運営の不信感
多様性Web版が存在しない。
類似サービスはには、
Web版がありますが「TeraBox」には存在しません。

安全性

運営元はPopin社、
「Simeji」を作っている( 百度「Baidu」)の子会社です。

サービス終了

Baiduは大きな会社なので、
突然サービス終了してしまい使えなくなってしまうことはなさそうです。
ただ、GooglePhotosやOneDriveがそうだったように、
いつか有料化やストレージサービスの縮小があるかもしれません。

運営会社

ファイルの暗号化と、個人が特定できないような仕組みを利用してとありますが、
安全性はわかりません。
中国だからの偏見がよくないこともわかっていますが、
同じBaiduのサービス「Simeji」が過去に入力文字の無断送信で問題になっていたことなど、
問題がよく起きていることは事実なので筆者はやはり信用していません。
機密情報やプライベートなファイルの保存は注意。

 
・筆者の使い方・
スマホの動画のバックアップ用に探しましたが、
プライベートな写真 / 動画を保存するのは抵抗があるのでしていません。

まだ使用用途は決まっていませんが、
情報流出してもいいよってファイルの保存先として使う予定です。
無料で1TBもあるので「TeraBox」の存在を覚えておくと、
いつか役に立つ日がくるかも。